Fabulous Skin

心療内科ではこんな治療法を用います!治療期間や料金も紹介!

心療内科ではこんな治療法を用います!治療期間や料金も紹介!

admin 2020年5月30日

心療内科で使われる治療法

心療内科では、うつ病や不安神経症から、パニック障害や統合失調症に至るまで、多種多様な心の病を扱っています。こうした疾病に対しては、薬物療法を用いることが多く、抗うつ剤や抗不安薬のほか、導眠剤などを投与しています。このような薬剤は脳内物質の分泌を促進したり抑制したりすることにより、精神の安定を図ることができると言われています。これとは別に、行動療法も行われることが多いと言えるでしょう。行動療法とは、患者が自分の心理を客観的に把握して、精神を追い詰めている要因を除去しようというものです。これには患者自身が毎日抱く感情や活動内容を克明に記録し、主治医や担当カウンセラーに報告することが欠かせません。大抵の場合、行動療法と薬物療法を組み合わせることが少なくないでしょう。

心療内科の治療期間と費用

心療内科でも、保険適用が可能なクリニックが多く、大抵の場合3割負担以内に収められるでしょう。したがって、1回の診療で支払う額は、処方箋代を含めても2千円から3千円程度です。ただし、独自の行動療法を行うクリニックなどでは、自由診療となり全額を患者が負担することもあります。この場合、カウンセリング料金として1時間30000円程度請求する医師もいます。重度のうつ病や統合失調症のケースでは、1年以上など治療に時間がかかることが珍しくありません。月に1回か2回通院しながらカウンセリングとメール指導を受け、毎日抗うつ剤や抗不安薬を服用しながら、少しずつ環境を変えて心の調子を整えていくことが望ましいと言えます。

西日本最大の繁華街梅田駅周辺は、大阪観光地として見所はいっぱいです。美味しいものも見逃せない場所です。心療内科を梅田で探すメリットは多くありますが、クチコミを参考にすることをおすすめします。